公益社団法人 空気調和・衛生工学会とは

 空気調和・衛生工学会は、暖冷房・換気、給水・排水、衛生設備など一般市民の生活と密着した
設備やその仕組み・原理などを扱う学問領域で活動する学術団体です。

 本会はこの領域の研究者と実際にこれらの設備の設計や施工を行う設計者・技術者、
装置を製作するエンジニア、運転・管理技術者等の会員で構成され、日本にある工学系の中では
10番目の規模の学会です。

 また、創立時より「学理と工業は両輪である」との理念と「空気調和と衛生設備に関する専門学会」
との立場をもって運営されており、現在もこれを継承しています。

▼学会の活動詳細は 公益社団法人空気調和・衛生工学会 をご覧ください。

最新情報&更新情報

2017.03.14 東北支部第6回学術・技術報告会 new!
詳細は学術・技術報告会 にてupしていきます。
適宜ご確認ください。
2016.11.14〜11.18 平成28年度 初級技術者研修会・後期(実務基礎編)仙台案内
※実施済みの行事は「今年度の行事」をご参照ください。

地震災害に関するマニュアル


  この度の熊本県を中心とした地震被害については、
  心よりお見舞いを申し上げます。一日も早い復旧をお祈りいたします。
  
下記の情報をご提供しますので、お役立ていただければ幸いです。
  1.報告書「災害時における避難施設の建築設備の実態と提案」
  2.災害時における建築設備分野の支援技術
  3.報告書「東日本大震災による水の確保と給水装置」 

  4.SHASE-M2003-2009学校トイレ・マニュアル_第5章・災害時利用計画